レーザー治療

レーザー治療とは

レーザー治療昨今、レーザー治療はさまざまな医療現場で使用されており、当院でも治療の際に活用しております。

レーザー治療によって、患部に強力な光のエネルギーを集中的に照射することで、歯科治療の効果を高めることができます。レーザー治療は、照射した部分のみに対して効率よく作用することから、痛みが少なく身体にやさしい治療といわれ、また早期に症状を改善させる効果が期待できます。

さらに、副作用もないため、妊婦さんや高血圧の方、治療の際の痛みが我慢できないという方にも安心して受けていただくことができます。

レーザー治療のメリット

レーザー治療には以下のようなメリットがあります。

痛みがほとんどない

レーザー治療は痛みがほとんどないため、麻酔をせずに治療が行えます。

キーンという不快音がしない

歯医者が苦手な方は、タービンのようなキーンという音が苦手な方は多いのではないでしょうか?
レーザー治療はキーンという音がしないので、安心して治療を受けていただけます。

出血を抑えた治療ができる

治療部分からの出血を抑えることで、しっかりと確認しながら治療を進めることができます。
また、レーザー照射することで治療後の出血が少なくなるメリットもあります。

健康な歯の部分を残すことができる

通常のむし歯治療ではどうしても健康な歯の部分も一緒に削ることになってしまいます。
レーザー治療はむし歯になっている部分のみを削ることができるため、健康な歯の部分を多く残すことができます。

当院で使用するレーザー機器~デュアルウェーブ~

歯科用レーザーデュアルウェーブは炭酸ガスと半導体の両方のレーザーを使用することが出来ます。

また、今までのレーザーと比べ、高出力で短時間での処置が可能なため、患者様の負担を軽減することができます。

使用できる症状
  • 炎症を抑える
  • 痛みを軽減させる
  • 殺菌や治癒を促進させる
  • 出血を抑える
  • 歯周組織の活性化
  • 切開時に使用
  • 止血時に使用

など、様々な症例・症状に使用できます。

なぜ2種類の波長レーザーが必要なの?

レーザー波長の違いデュアルウェーブには、炭酸ガスレーザー(ネオス)と半導体レーザー(フィリオ)の2種類の波長のレーザーが搭載されています。2種類のレーザーが必要な理由には、それぞれのレーザーの特性が関係しています。

炭酸ガスレーザーは、半導体レーザーよりも長い波長になります。この波長は水や組織によく吸収される特性があり、レーザーのエネルギーが組織の表面で吸収されることから表面吸収レーザーと呼ばれます。一方で半導体レーザーは炭酸ガスレーザーに比べて、波長が短い、水に吸収されにくいといった特性があり、組織の深部まで達する深部到着レーザーと呼ばれます。

レーザーが達する深部が違うということは、治療する箇所によって、レーザーを使い分けることが出来るということです。骨の表面や粘膜には炭酸ガスレーザー、粘膜下の骨組織や歯根膜には半導体レーザーが有効です。このように、ネオス・フィリオの2種類の波長のレーザーを、治療する組織によって使い分けることにより、より負担の少ない治療を行うことができます。

炭酸ガスレーザー(ネオス)

ネオスネオスは表面吸収レーザーです。熱変性層、炭化層、組織を活性化させるLLLT作用は組織の表面に限局されます。

半導体レーザー(フィリオ)

フィリオフィリオは深部到着レーザーです。LLLT作用は広範囲かつ比較的深部にまで達します。

到達度の違い

到達度の違い皮膚にそれぞれのレーザーを照射した場合の到達度の違いを示しています。

炭酸ガスレーザー(ネオス)、半導体レーザー(フィリオ)の効果

炭酸ガスレーザー(ネオス)
  • 25Wの高出力ガスレーザー
  • 円形スキャニングにより効果的な粘膜の切開が可能
  • 無麻酔もしくは極少量の麻酔で切開が可能
  • 根尖部(根の先)の切断や歯石除去の際に殺菌効果がある
  • 露出した骨の表面や、粘膜の切開後の治療促進効果
半導体レーザー(フィリオ)
  • LLLT作用(※1)、光線力学療法(PDT)(※2)として利用できる
  • 特にLLLT作用としては、照射部分の痛みの緩和効果
  • スケーリング後、歯の漂白後の痛みの緩和効果

※1 LLLT作用とは、組織の活性化させ、傷の治りを促進させることを言います。
※2 薬を使用しない、光による殺菌システムです。がん治療やニキビ治療に使用されています。

レーザー治療の特徴

  • 精神的な苦痛やストレスが少なくて済む
  • 発熱を防止するため、歯髄への影響が少ない
  • 止血能力が高いため、術後の出血が最小限に抑えられる
  • 病巣や傷の治りが早い
  • 殺菌、滅菌作用があるため、無菌的な処置が期待できる
  • アレルギー体質の方や妊娠中の方でも安心して治療できる

治療に適している症状

口内炎

歯茎に膿が溜まって腫れや痛みが出ている口内炎は、レーザー治療を行うことで歯茎の消毒、歯茎からの排膿を促し、症状が改善します。

知覚過敏

歯ぐきがやせるなどして、冷たい物が歯にしみるような知覚過敏症の場合、レーザー治療を行うことで歯の神経を鎮静し、症状を改善します。

入れ歯によってできた傷(潰瘍)

歯肉の一部に入れ歯が強くあたってできた傷の痛みを緩和させつつ、早く治す効果があります。

歯周病

レーザー治療によって細菌数の減少をはかり、炎症組織を焼き取ります。レーザーには創傷治癒促進作用という傷ついた組織・細胞の再生を促す作用があるため、その後の歯周病の再発率が低くなります。

歯肉メラニン除去

メラニン色素が沈着して紫になっていたり、黒ずんでしまった歯ぐきにレーザーを照射すると、いきいきとしたピンク色の歯ぐきが蘇ります。

インプラント周囲炎

インプラント治療の際、治療する箇所にレーザーを照射するとその周囲を滅菌し、歯肉が整える効果があります。

これにより、インプラント周囲炎を予防し、安全で回復の早い手術を行うことが可能となります。

郡山市のゆきあい歯科クリニック 基本情報

医院名 ゆきあい歯科クリニック
TEL 024-954-7762
住所 〒963-0726
福島県郡山市田村町下行合根柄巻20−2
TEL:024-954-7762診療時間WEB予約
一番上に戻る
ゆきあい歯科クリニックBLOG 求人募集