歯が抜けてしまった場合

歯を失った状態を放置しておくリスク

歯を失った状態を放置しておくリスク

歯を失う原因は、むし歯や歯周病、事故やケガなどさまざまです。

その際に「食事もできるし、このままでも大丈夫」と、歯を失った状態を放置してしまう方は意外にも多いです。

しかし、その結果として上下の歯や舌や顎関節、筋肉などで保たれていたバランスが崩壊し、悪影響が出てしまうことをご存知でしょうか。

たった1本の歯が抜けただけでも、お口の中にさまざまな支障が出ます。まず、その歯と咬み合っていた歯が徐々に伸びてきます。やがて、抜けた歯の両隣の歯が空いた隙間に向かって倒れていきます。そして歯が抜けた部分にはプラークが溜まりやすく、むし歯や歯周病のリスクが高まるのです。

歯を失った場合は放置せず、当院までご相談ください。

噛むことと認知症の関係

噛むことと認知症の関係

認知症が進んでいる高齢者は、合わない入れ歯を使用したり、噛まずに飲み込めるような柔らかい食べ物を摂取している場合が多いようです。

そのため、入れ歯を作成したり調整をしてきちんと噛む習慣を戻すことで認知症の症状が改善するという報告も少なくありません。

しっかり噛むためにはもちろん自分の歯を残すことが理想ですが、自分に合った入れ歯を使用することもとても大切です。

理想的な入れ歯とは?

理想的な入れ歯とは?

あなたにとって理想の入れ歯とはどんな入れ歯でしょうか?

実は入れ歯は人工臓器の一つなので、合わない入れ歯の使用を続けていると身体の健康にも悪影響が出てきます。
また、入れ歯は意外にもお顔全体の印象を決める大きな要因となります。

自分に合う理想的な入れ歯とは、見た目も美しく、噛み心地も自分の歯と同じように噛めることができる入れ歯の事だと考えます。
当院では検査やヒアリングを妥協せず、患者様一人ひとりにとって理想の入れ歯をご提供いたします。

治療法の比較(インプラント・入れ歯・ブリッジ)

歯を失った際には、インプラント、ブリッジ、入れ歯での治療が可能です。それぞれメリット・デメリットがありますので、選ぶ際の参考にしてください。

インプラント

メリット

天然の歯と同じような感覚で咬むことができ、美しい見た目になる。

デメリット

手術が必要なので、他の治療よりも費用が高く、治療期間がかかる。

ブリッジ

メリット

短期間で治療でき、セラミックの使用で天然の歯のような仕上がりになる。

デメリット

隣り合う健康な歯を削られなければならず、また支えとなる歯に大きな負担がかかる。

 

入れ歯

メリット

短期間で治療が可能でき、費用が安い

デメリット

咬み心地や装着時に違和感が出やすく、見た目が良いとはいえない。

当院の入れ歯治療の特徴

入れ歯

入れ歯を使っている患者様から、

  • 「入れ歯にしてからうまく噛めなくなった」
  • 「口を開けると入れ歯が外れてしまう」
  • 「入れ歯を使うと口の中が痛む」

というお悩みを聞くことがあります。

失った歯の代わりとなる便利な入れ歯も、きちんとお口に合わなければ食事や会話が楽しめなくなります。

ー当院の院長は、補綴科出身で入れ歯治療のプロフェッショナルです。

入れ歯作製の際には、まずは患者様のお話やお悩みを伺い、検査でお口の中をしっかりと計測してピッタリ合う入れ歯をお作りします。

入れ歯についてのお悩みがある方はお気軽にご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

部分入れ歯や総入れ歯の治療は、保険診療または保険外の自由(自費)診療で受けることができます。

どちらにもメリットやデメリットがありますので、それを踏まえた上でお選びください。

保険の入れ歯の特徴

歯の代わりとなる人工歯、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の床(プラスチック)で作られ、部分入れ歯の場合は金属の留め具を使います。

メリット
  • 主な素材がプラスチックなので、破損しても修理しやすい。
  • 比較的安価に作製できる。
デメリット
  • 使用できる素材が限られており、長期間の使用で変色やすり減りが起こりやすく、顎の骨が痩せやすくなる。
  • 装着中に違和感を覚えることがある。
  • 床の素材のプラスチックは臭いや汚れを吸着しやすく、食べ物の味や温度がわかりづらい。
  • 保険診療で作り直す際には前回の作製日から半年以上空ける必要がある。

 

保険外の入れ歯の特徴

患者様のご希望や歯の状態に合わせて、さまざまな素材を選択できます。

メリット
  • 保険診療のように使用できる素材が限られることがないため、より患者様のご希望に近い入れ歯が作れる。
  • 素材を組み合わせて、薄さや使い心地、目立ちにくさを考慮して作成できる。
デメリット
  • 保険診療に比べて費用負担が大きくなる。
  • 長期間の使用で顎の骨が痩せやすくなり、一定期間ごとに作り替えなければならない。

 

入れ歯の調整

入れ歯の調整入れ歯には、壊れた、外れた、痛みや違和感があるといったトラブルが付き物です。

当院では、そのような事態にも対応可能です。当院で製作した入れ歯でなくても構いません。

可能な限り、当日中に直すことを目指しておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

自費用の部分入れ歯です。

金属のバネを使用しないので金属アレルギーの心配もなく、入れ歯の留め金が見えるのが嫌だという方におすすめです。

通常の部分入れ歯よりも歯茎の色に近い自然な色でできており、審美性や機能性が高く、お口の中の違和感も気になりません。

ノンクラスプデンチャー(金属フレーム)

ノンクラスプデンチャー(金属フレーム)

弾力性のある特殊素材と金属フレームでできており、外側から金属が見えないので目立ちにくいです。

軽くて薄いために違和感が少なく、咬み心地が安定しています。

5年~7年程度使えますが、汚れがつきやすく修理が難しいという弱点があります。

郡山市のゆきあい歯科クリニック 基本情報

医院名 ゆきあい歯科クリニック
TEL 024-954-7762
住所 〒963-0726
福島県郡山市田村町下行合根柄巻20−2
TEL:024-954-7762診療時間WEB予約
一番上に戻る
ゆきあい歯科クリニックBLOG 求人募集